美肌の近道!正しい紫外線対策

美肌の近道!正しい紫外線対策

Posted by 竹田麻彩 on

9月に入り、秋の過ごしやすい気候が待ち遠しい時期になってきました。

今年の夏は例年以上に暑く、
紫外線対策への意識も一段と上がったのではないでしょうか?

陽が落ちるのが早くなったなぁ、と感じる季節の変わり目がくるその前に!
これからの時期も忘れないでいてほしい、
“紫外線対策の重要性”を再確認していきたいと思います。

 

◼︎夏は3分まで?シミを作らせないために浴びても良い紫外線の量とは


「紫外線」と聞くと、肌が黒くなる(=日焼け)というイメージが強いですが、
肌色の変化よりも恐ろしいのが、シミ・シワ・たるみといった肌の老化を促進させてしまうこと。

特に紫外線「UVA」は肌の奥深くまで入り込み、ハリ・弾力の元となる「コラーゲン」や「エラスチン」にダメージを与えます。

なんと60歳までにシミのない肌を保つためには、赤ちゃんの時から紫外線対策をはじめた場合、素肌で1日に浴びられる紫外線の量は真夏で3.37分、春と秋は6.6分、冬でもたった16.3分 だそう。
(出典:Exp Dermatol 23 Suppl 1:43-46, 2014,
「60歳または80歳までシミのない肌を保つには、1日何分まで紫外線を浴びられるか」)

赤ちゃんの時から対策をはじめていたとしても本来この程度の短い時間しか浴びてはいけないほど、紫外線が肌に与えるダメージは大きく、その蓄積が大きな代償になることが伺えます。

 

◼︎80%のUVAは室内に入り込んでいる!

また、ある紫外線の実験によると、UVAは全体の約80%がガラスを透過し、室内へ入ってくることが判明しています。

なんとなく遮断されているイメージのある窓ガラスやカーテンも、種類によってはほとんどの紫外線を受け入れているよう。
(引用元:ガラスの種類による紫外線強度に関する実験について https://digitalpr.jp/r/26277)

1日の中で紫外線量が最大になるのは11-12時ですが、朝方の7時から午後3時ごろまでの広い範囲の時間帯で降り注いでいるため、屋外だけではなく、室内でもガラス窓の近くでは注意が必要です。

 

 

◼︎10~15分間の外出でも紫外線ダメージは蓄積する

紫外線は気になるけど、ちょっとした外出や家事の合間の日差しくらいなら大丈夫!と、思われている方も少なくないのでは?

この、ちょっとした10分程度の時間が肌にとっては命取り。

7~10日間、10~15分の紫外線を浴び続けることで皮膚の遺伝細胞は傷つき、抵抗力も落ちることで将来的なシミ、シワ、たるみにつながります。

 

 

◼︎やっぱり必要!紫外線対策は夏以外の季節にも徹底を。

夏が過ぎ、やっと紫外線から解放!....とはいかないのが現実。

シワ、たるみなどの肌老化を促進させる「UVA」は冬でも夏の半分程度の量が降り注いでいます。

肌を黒くするUVBは、夏に比べ冬は20%ほどに落ち着きますが、UVAは冬も50%の照射量があり、油断はできません。

特に過酷な夏を過ごした肌は、疲れを溜め込み、更なるダメージを受けやすいタイミング。

夏から秋へと変わる時期こそ、紫外線対策と保湿ケアに力を入れてみるのも良さそうです。

 

◼︎紫外線ダメージを受けた肌は回復する?しない?

結論、紫外線から受けたダメージの完全な回復は難しい!...

紫外線ダメージは24時間で、全体の50%しか修復できないということがわかっています。

1日を過ごした肌は、紫外線を浴びることで発生する大量の「活性酸素」によって遺伝子や細胞、身体のあらゆるたんぱく質が酸化し、免疫や修復力が低くなっている状態。

つまり、毎日紫外線を浴び続けるということは、回復しきっていない肌のダメージがどんどん増え続けるということ!

蓄積されたダメージは、すぐにではく、忘れた頃にシミ、シワ、たるみとして肌表面に現れ、私たちの見た目年齢をグッと老けさせるのです。

 

◼︎今こそはじめたい、全人類マスト!な「抗酸化」ケア

紫外線が与える影響、そして対策の重要性は正直何度も耳にしている方が多いはず。

では、「抗酸化」ケア(=活性酸素による酸化を防ぐ対策)はどうでしょうか?

抗酸化はすでによく聞くワードではありますが、なぜ抗酸化が大切だとされているのか?

それは、紫外線を浴びることで大量に発生する「活性酸素」が肌だけでなく、からだの老化も促進させ続けるから!

抗酸化ケアをしない=肌・からだの老化を放置していると言っても過言ではありません。

 

⚫︎食事で抗酸化

食事でも、意識的に抗酸化物質を取り入れることはできます。

毎日の食事で、からだを酸化しにくい状態にしておくことは紫外線ダメージを軽くするだけでなく、疲労や病気を防ぐことにも繋がります。

抗酸化物質となる

・βカロテン(ビタミンA)
・ビタミンC
・ビタミンA

を含む食材を積極的に取り入れるのがおすすめです。

・さつまいも
・じゃがいも
・きのこ類
・柿
・ぶどう

など、これから旬となる食材は栄養価も高く抗酸化にピッタリです。

 

 

⚫︎より賢くケアしたい方は抗酸化サプリがおすすめ!

毎日の食事だけでは摂りきれない栄養と抗酸化をサポートしてくれるサプリメントはぜひ手に取っていただきたいアイテム。

でも、種類がたくさんあって選べない…
そんな方も多いはず。

「飲む日焼け止め」とも呼ばれる抗酸化サプリは数あれど、体感のあるものはそう多くありません。

 

\抗酸化サプリはアクティブメロン一択!/

一般的な抗酸化・美白系サプリは活性酸素を除去する力が1回きり(長くは続かない)なのに対して、
REMELUのアクティブメロンは朝3粒飲むだけで、抗酸化酵素が1日中働き続けてくれる優れもの!

世界の医療機関が導入し、近年、日本の皮膚科業界でもそのエビデンスの確かさが認められ注目を集める最新有効成分「メロングリソディン」を配合。

アクティブメロンを飲み始めて2週間ほどで

◼︎肌に透明感が出てきた

◼︎キメが整ってきた

◼︎疲れにくくなった

◼︎眠りが深くなり、朝の目覚めが良くなった

など、90%以上の方が変化を実感されています!

紫外線対策としてはもちろん、年間を通して取り入れることで老けない肌・からだをサポートします。

季節を問わず、紫外線対策を続けることがいちばんの美肌への近道。

ぜひ「抗酸化ケア」も意識してみてください☺︎

 

ACTIVEMELON (アクティブメロン)
90粒/16,200円(税込)
お求めはこちらから♩

 

Sonic Fit(ソニックフィット)専門サロン

RILLEE-ON(リリーオン)

公式HP

BLOG

RSS